現在のコロナ対策

今も、従来の感染予防策に加え、患者さんが重ならない様に貸切診療とし、院内接触部を毎回アルコール消毒して、常に換気をしています。患者さんの人数を大幅に制限し、感染拡大の防止に努めています。                                                               それから、認知症を予防するため、歯を残す事が重要視されています。歯をより長持ちさせる顕微鏡治療(自費)を提供できますので、ご相談下さい。          現在、CTや専用器具が未導入のため、顕微鏡による根管治療は行っておりませんので、専門医にご相談される事をオススメしています。なお初診時には、成人の場合、顕微鏡による診察をしており、虫歯の早期発見をご希望の方はフロスをされてからお越し下さい。