セラミック治療にこそ、大切な適合。

動画は、2年前に他院で治療を受けた、上の前歯を裏側から撮影させて頂きました。よく見かける不適合な(ピッタリしてない)セラミッククラウンです。患者さんは動画を見るまで全く気付かなかったそうですが、大きな隙間が空いており、汚れが溜まっています。このままでは内部の歯が虫歯となる可能性が高く、治療が必要でしょう。実はセラミックは歯と同じ色のため、肉眼やルーペでは識別しにくいので、ピッタリしているのか十分に見えないのです。不安を感じる方は顕微鏡の診察をオススメします。

長持ちする、本当に適合の良いセラミックは顕微鏡治療を丁寧に高倍率で行った場合のみ可能です。顕微鏡があれば、どこの医院でもできる訳ではありません。当院は、セラミック装着前に、必ず適合をお見せしてから装着作業に入る、全国でも数少ない医院ですからご安心下さい。なお不明な点がありましたら、時間を確保していますので、受診時にご質問をお願いします。くれぐれも電話での質問はご遠慮下さい。