症例」カテゴリーアーカイブ

ダイレクトボンディング⑵

昔詰めた所が変色したのでキレイにしたい、との事でダイレクトボンディング希望の患者さんです。全ての処置を顕微鏡下で、古い詰め物を外し、歯肉圧排を行い、自然な感じに見える様に3色のレジンを使用して、少しずつ10回ほどに分ける事で重合収縮を抑えながら充填しました。自費ならではの手法です。2時間以上もかかり、心が折れそうになりましたが、満足して頂けました。なお、術後写真の歯間に、研磨の際の粉が付着してますが、レジンがはみ出してる訳ではありません。ダイレクトボンディングの詳細は過去のブログを参照下さい。
当院では、初診時にいきなり顕微鏡治療(最低でも1時間は必要)を行う事はありません。診察後に、およその費用、時間、回数をお伝えし、その上で顕微鏡治療(自費)を希望される場合には90分以上の予約をお取りし、すべての作業を高性能顕微鏡、高倍率で精密虫歯除去を行います。虫歯が深いほど時間がかかり費用も高額となります。                                    歯を将来まで大切にしたい方虫歯で神経を抜きたくない方には顕微鏡治療が最適です。安価な顕微鏡や低倍率を使用すれば、かなりの時間短縮、プライスダウンが出来ますが、非常に細かい所は見えないので虫歯取り残しなどを起こすリスクがあり、私は使いません。短時間、低倍率の顕微鏡歯科もあると思われますが、私が自分の歯を治療される際には何よりも「十分な時間」と豊富な経験、異常を見逃さない高性能顕微鏡で高倍率な治療、それと治療中の動画説明を希望するでしょう。きちんと処置が出来ていれば、動画を見せられるはずです。歯科治療は細かい作業の積み重ねです、ひとつずつ丁寧に進めて行く事が良い結果につながります。           顕微鏡を導入する医院も増えてますが、慎重に選ぶ必要があります。チェックに使用するだけでは意味がありませんし、フロスが引っかからないピッタリの詰め物ができる高い技術を持つ歯科医は少ないからです。                          それから当院では、削る道具にはキーンという音が出るタービンではなく、静かな5倍速コントラだけを使います。理由は、軸ブレが少なく、チッピングという歯のヒビを作りにくいからです。ただし、器具が大きいという欠点があり、子供の治療には不向きです。最後に支払いですが、キャッシュレス決済、クレジットカードは使えませんので予めご了承下さい。

術前 術中 術後

治療の良し悪しをお見せするセラミック治療

歯を削って詰める治療の精度が、歯の寿命に大きな影響を及ぼします。虫歯の再発を抑え、歯を長持ちさせるためには、適合の良い、歯にぴったりの詰め物、被せ物が必要です。(適合が良いと、フロスが引っかからずに通ります。)虫歯は適合不良からの割合が最も高く、究極の適合が再発防止につながります。
当院では全国の顕微鏡歯科でも非常に珍しい取り組みとして、すべてのセラミック、ゴールド修復において、写真の様な装着前適合を一緒に顕微鏡映像で見てもらい、確認して頂いてから、装着を行っております。そして、治療が終わりましたら録画を再生して治療内容を大画面で説明しています。
歯の治療の良し悪しは患者さんには分かりにくいものでしたが、当院の顕微鏡治療では歯を大画面に拡大して適合をお見せする事で、素人の患者さんが見ても良し悪しがハッキリと分かります。その上で、目で見て納得できる治療を行います。適合が詰め物、被せ物治療の良し悪しを決める最大のポイントです。適合に自信があるからこそ、強拡大でお見せ出来るのです。
写真は当院のセラミックインレー(模型での装着前と、装着後)です。拡大視野においてもピッタリとしているのが お分かりになると思います。歯科医師と歯科技工士が非常に高い技術を持ち、共に顕微鏡を使いこなし、よほど丁寧に時間をかけなければ、実はピッタリにはなりません。段差があると、将来再び虫歯になる可能性が高まります。そのため、修復物の適合には徹底的にこだわっており、どのセラミックも真剣勝負で取り組んでいるため、全てのセラミックで適合をお見せする事が出来ます。ここまでピッタリのセラミックを製作できる技工士さんは極めて少なく、一割にも満たないでしょう。もちろんCADCAM機械では不可能です。
本当に精密な治療にはルーペではなく、少なくとも顕微鏡が常に必要となり、顕微鏡を見ながら、削る、型取る、装着する、を行うためどうしても時間と費用はかかりますし、それができる歯科医もまた極めて少ないですが、精密治療が歯の寿命を延ばします。それから、費用については実際に口の中を拝見しないと分かりませんので、一度診察を受けてお聞き下さい。
最後に、もしフロスが引っ掛かったり、ほつれる方は早めの受診をお勧めします。治療を希望されるかどうかは別にして、原因をハッキリとお見せできると思います。なお、当院では初診時において顕微鏡を部分的に使用し診察する事が多いですが、顕微鏡の「治療」は保険では行ってませんので、予めご了承下さい。(保険の虫歯治療にはルーペを使用します。)また、顕微鏡の診察を希望される方は予約の際、その旨をお伝え下さえれば、時間を長めに取って説明します。
セラミックインレー

神経を抜いてはいけません(MTA)

近年、MTAセメント(保険適用外)という材料が出てから、神経を抜く治療は激減しています。
歯の寿命を延ばすためには、神経を残す事が大切です。従来は虫歯除去時に神経が露出してしまうと 神経を取る事が多かったのですが、MTAセメントを使うことで、残せる事が多くなって来ています。今回はMTAを使用して、神経を保存した治療を紹介します。
写真の患者さんは痛みなどの症状は感じてませんでしたが、マイクロスコープと虫歯検知液を用いて、虫歯を取り除くと二箇所で神経が露出しました。ここまで虫歯が深いと、従来は神経を抜くのですが、患者さんの希望でMTA(写真では白い粉に見えるもの)を充填し、硬化の後、セメントで封鎖しました。
その後、三か月経過観察して、神経が生きてるかの検査でも問題が無く、最終的な詰め物を装着しました。今日でMTA処置から一年二か月経ちますが、その後痛みもなく、神経を無事に残す事が出来ました。
ただ、この治療が全ての神経を残せる訳ではありません。このケースみたいに神経からの出血がすぐに止まる場合や、もともと痛みが無い場合には有効であると感じてます。
治療前から痛みがある場合や、MTA治療後に痛みが出てひかない場合は 神経内部まで感染しており、神経を抜かないといけません。
虫歯は小さそうに見えても、内部で深く進んでいる場合が実に多いです。歯の神経を残したい方の虫歯治療には、MTAが最適でしょう。現在、当院の成功率は90%以上です。MTAは高価な事もあり、常時ストックしている医院はかなり少ないですし、操作が難しく、十分な治療時間と経験を積んでいる医院選びが重要となります。MTA処置前MTA処置後

セラミック治療へのこだわり

今回は当院でのセラミック治療症例を紹介します。
術前
術中
術後
写真上 術前
写真中 術中
写真下 術後

この症例の方は初診時、保険の前歯<プラスチックと金属で出来た被せもの>が入っていました。しかし、審美的な満足度が低く、セラミック治療を希望されました。
この症例では、3本のメタルセラミックを装着しました。

当院のこだわりは、マイクロスコープを使用する事で限りなくピッタリとセラミックが装着され、二次的な虫歯になりにくいセラミックが入る事です。

ただ欠点もあり、それはマイクロスコープを使用するために、治療時間がかかってしまう事です。ちなみに完成したセラミック1本を装着する際に60~90分となります。

削ったり、型取りにかかる時間も通常のセラミック治療より長い時間を頂かないとできません。

これからも手間暇を惜しまず、精密なセラミック治療をしていきます。

インプラントは怖い、でもしっかり咬みたい。

そんな方への高級義歯を紹介します。
術前

作製した上の入れ歯

術後
写真上 術前
写真中 作製した上の入れ歯
写真下 術後

この症例の方のご希望は、インプラント以外の方法でなるべく見た目をキレイにして欲しい、との事でした。ちなみに欠損は、右上の4本と、下顎の両側奥歯7本です。

上顎は特に見た目を気にされており、右上1番目の歯の状態が良く、コーヌス支台として利用できたので、コーヌスクローネを用いた金属床義歯とし、その際になるべく広いプレートを用いて圧力の分散をはかり、長期的に使える様に配慮しました。

下顎は、頬側から見える金属バネを使用せず、代わりに弾力性のある素材<歯ぐきと同じ色>を用いて、バネの役割をさせています。そして壊れにくい様に金属床義歯と組み合わせた入れ歯としました。

これからもインプラントが怖い患者さんには、しっかり咬める高級義歯で対応していきたいと思います。