診療」カテゴリーアーカイブ

ダイレクトボンディング⑴

金属を使わず、白い樹脂を歯に直接詰める、非常に高い技術と時間のかかる自費治療です。(一ヶ所およそ60~120分)
保険で行われるレジン修復とは似ていますが、大きく異なります。ダイレクトボンディングはマイクロスコープを使用して精密に段差なく詰めるので、汚れ、細菌が付きにくく、虫歯の再発しにくい詰め物となりますが、レジン修復(肉眼、ルーペ)では 目では見えない僅かな段差が生じます。
ダイレクトボンディングの長所は、歯を最大限保存する事が出来て、審美的に優れる事です。
短所は、非常に難しく時間がかかる事。また、金属の様に強度がないので、咬み合わせの力が強くかかる部位や、大き過ぎる虫歯に適応できない事です。
下の写真は、ダイレクトボンディングで詰める前と後です。臼歯部の場合、この様なラバーダムやZOO(湿度を下げる器具)を使って湿度の影響を避け、確実な接着処理を行います。(口の中は風呂場みたいな環境です。風呂場の窓にセロテープを貼る事を想像して下さい、すぐに外れてしまいませんか。)最大倍率の21倍で見ながら詰めたので、二本で二時間ほどかかりました。ダイレクトボンディングは歯科医による技術差が最も出る処置の一つだと思います。段差なく、詰める事が出来るとフロスは引っ掛かりません。ダイレクトボンディングが成功したか、どうかはフロスがスムーズに通るかどうかで判断が出来ます。
ブログでは写真ですが、患者さんには治療後に、治療中の動画を全て見せて説明します。歯の治療の良し悪しは患者さんには分かりにくいものですが、当院の顕微鏡治療では、歯を大画面に拡大して適合などをお見せする事で、良し悪しがハッキリと分かり、患者さんが「目で見て納得できる治療」を行います。
写真の様な歯と歯の間に出来た虫歯治療においては、多くの場合、金属やセラミックの詰め物が行われるため、歯の中央に見える溝の部分も含めて大きく削り、外れにくく、割れにくい詰め物にします。しかし、見ての通りダイレクトボンディングでは歯を最大限に残す事が可能です。
歯をできるだけ削りたくない方には条件さえ満たされていれば、最適な方法かもしれません。なお、ダイレクトボンディングの費用や、可能かどうかについては実際に口の中を拝見しないと分かりませんので、一度診察を受けてからお聞きください。

目視では不可能な精密クラウン

クラウン前クラウン後 一度虫歯になってしまったところを天然の歯の様に修復する事は、実はとても難しく、精度の低い治療を行ってしまうと再び虫歯になるリスクが高くなってしまいます。
この様な事が起きないようにするためには、精度の高い詰め物、被せ物を装着する必要があり、そのため治療では顕微鏡下で精度の高い形成、型取りを時間をかけて行い、顕微鏡で作業できるレベルの高い技工士に製作してもらい、高品質の材料にて装着する必要があります。肉眼やルーペでは限界があり、精密な治療はできないと確信してます。
上の写真は当院におけるゴールドクラウンです。拡大視野においてもピッタリとしているのがお分かりになると思います(セラミックでもピッタリと出来ます)。残念ながら、肉眼やルーペでの治療ではこうはならず、段差や隙間が出来てしまいます。
下の写真はよく見かけるセラミッククラウンです。段差、隙間があり、そこから虫歯になってましたが、当院でお見せするまで、いくつかの歯医者では指摘されなかったそうです。つまり肉眼では見えなかったという事です。
この様に高価な自由診療の被せ物でさえ段差、隙間が認められるのを頻繁に見かけます。心配な歯がある方は診察を受けて、ご希望をお伝え下さい、大画面でお見せします。適切な形態、咬み合わせ、色はもちろんの事ですが、一番大切なのは適合<ピッタリとしている事>です。
今では多くの顕微鏡歯科がありますが、もし治療するならば、結果(適合)を大画面で見せてくれる医院が納得できるでしょう。歯医者は知っています、精度の高い治療が歯の寿命を延ばす事を。
不適合セラミックス

不適合セラミック2

型取りへのこだわり

模型

今回は型取りについて紹介します。

詰め物、入れ歯などを作る上で、最も大切なステップです。

当院では咬み合わせをとても重要視しているので、大きめの型取りをして写真右上の様な大きい模型を作ってます。
写真左下が どこの歯科医院でもよく使われているトレー、写真右下が当院にてほとんどの場合に使われるトレーです。

コストと時間はかかりますが、写真右上の様に大きく型取りをした方が技工士さんにも様々な情報が伝わり、より咬み合わせに適した詰め物、入れ歯が製作しやすいです。

大き過ぎると喉が辛いなどの欠点も出て来ますから、写真右下のトレーくらいが良いと考えてます。

型取りにおいて、わずかなズレや誤差が生じると ピッタリの詰め物、入れ歯は決して出来上がりません。

ですから、開業以来どんなに忙しくても私自身が型取りをして来ました。これからも型取りをとても大切にしていきたいと思います。

s_DSCF1051

詰め物のセットへのこだわり

当院の詰め物、被せ物の装着についての取り組みを紹介します。

まず虫歯を削り、形を整えて型をとります。その型に石膏を流し込み、口の中と
同じ模型を作り、技工士さんが詰め物や被せ物を製作します。
そして完成した詰め物が医院へ届き、患者さんの歯へセットしていきます。

どんなに丁寧に削ったり、どんなに技工士さんが精密に製作して下さっても、
このセットが駄目だと全てが水の泡です!

当院では詰め物の細かなチェック、調整を行い、できるだけピッタリの詰め物を
セットします。特に、歯と歯の隙間の調整などは、ミクロン単位での非常に細かな処置です。隙間の調整が悪いと食べ物がつまりやすくなったりする事さえあります。

細かな調整は、経験や手指の感覚に左右されるため、開業以来どんなに忙しい時でも私自身が処置を行っています。

歯科医になって18年経ちますが、未だに毎回が真剣勝負です。これからも適切な細かな調整をしていきます。

以上、当院のセットにおける取り組みでした。